建築工房わたなべHP TOPページへ


  楽しくて、自由で、かしこい家づくり
お問合せ・資料請求
+ ご案内地図
+ リンク集


トップページ

  トップページ > 安心の保証制度  > スーパーストロング構造体バリュー




スタッフ紹介
「心ほっこり」より ひげ日記
社長Facebook
スタッフ紹介
スタッフブログ
業者紹介


㈱建築工房わたなべ モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

メディア情報履歴

 建築工房わたなべがとりあげら
  れた情報を紹介しています。

建築工房ゴリラ通信 メルマガ登録
建築工房ゴリラ通信
 補助金・減税,お得情報や現場見学会のご案内等、いち早くメルマガ会員の皆様にお届けいたします。

長期優良住宅

重量木骨の家(SE構法)

ビルトインガレージ・平屋などキーワードで施工例が探せます

『スーパーストロング構造体バリュー』は、耐震設計技術により、一般的な木造軸組み住宅の耐震性能を高め、万が一建築した家が地震の揺れにより全壊した場合、最高2,000万円まで建て替え費用の一部を負担します。
「耐震補償付き」で地震に負けない暮らしをサポートいたします。
                          ※LIXIL「スーパーストロング構造体バリュー」はこちら から

 建築工房わたなべは スーパーストロング構造体バリュー加盟店です。

スーパーストロング構造体バリュー(SSバリュー)の住宅は、かけがえのない「家族」と大切な「財産」を地震から守ります。
スーパーストロング構造体バリューでは、全棟「耐震等級3」相当を実現するために、公正で安心できる検査・補償体制を実現しています。建築会社・工務店が設計した図面をLIXILで住宅性能表示制度基準に基づき、1棟ごとに構造設計CADシステムで「耐震等級3」相当を設計検査します。検査後は、すべてのお客様に安心の証として「設計検査報告書」を発行します。


スーパーストロング構造体バリューの「安心基準」 その答えは、「耐震等級3」相当の設計にあります。

「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。

「耐震等級3」は、最高等級・建築基準法の1.5倍の耐震性!
スーパーストロング構造体バリューは、 全棟で「耐震等級3」相当を実現しています。
「耐震等級3」相当とは、㈱LIXILが建物の構造の安全性に項目を絞り、その性能を評価しているため、表示項目全てを評価した住宅性能表示制度による「耐震等級3」とは区別して表示したものです。


さらに、万が一の震災時も安全な耐震補償!

万が一、スーパーストロング構造体バリューで建築した家が地震の揺れにより全壊した場合、最高2,000万円まで建て替え費用の一部を負担します。
 
【耐震補償の期間】
  耐震補償の期間は、瑕疵担保責任保険の期間と同じく10年です。

※スーパーストロング構造体バリューで建築した家が、直接加わった地震の揺れを原因とする破損によって補償建物について生じた損害が全壊の場合、一定の条件のもとに、建て替え費用の一部を負担します。(現金での補償はいたしません)
補償建物の条件、補償の内容、最高限度額、免責事項等については、耐震補償付き「スーパーストロング構造体バリュー」約款をご確認ください。


TOP一つ前へ戻るトップメニューへ

お問合せ、ご意見、ご感想、ご質問がございましたらメールをお寄せください。    master@kentiku-koubou.co.jp

心がほっこりする やさしい家を建て、長いお付き合いをさせていただくことがわが社のモットーです  株式会社 建築工房わたなべ

Copyright © 2001Architect Atelier WATANABE Co.,Ltd.All Rights Reserved