建築工房わたなべHP TOPページへ


  楽しくて、自由で、かしこい家づくり
お問合せ・資料請求
+ ご案内地図
+ リンク集


トップページ

  トップページ >  2016.11.05~06 富士市横割「地域型住宅グリーン化事業」の家 完成見学会


  


■開催日 :11月5日(土)・6日(日) AM 10:00~PM 4:30 
■場 所富士市横割 



1階は L.D.Kと和室を続き間として利用し、ワイワイ楽しめる開放的な空間に仕上がりました。2階は室内干しスペース,造付け本棚,ウォーキングクロゼット,屋根付きベランダなど,暮らしやすさを追求したプライベート重視の設計です。




【 認定長期優良住宅・省令準耐火構造・耐震等級3 】
 ■地域型住宅グリーン化事業
 ■富士地域材使用住宅事業
 ■しずおか木の家推進事業
  ~補助金を活用した賢い家づくり~
 材料の輸送に関わるCO2の排出量の削減、森林の活性化による治山・治水・CO2吸収率の増加などの観点からも今、「国産材」特に「地域材」の活用が見直されています。このため、市町村や静岡県でも補助金を交付して地域材の活用を呼びかけるだけでなく、政府でも「地域型住宅グリーン化事業」により補助金を交付して、積極的に地域材使用を推進しています。
本物の「木」の家でその心地よさを感じながら、地域材使用での支援制度を活用して家づくりを考えてみませんか?
 

【 地域材の活用 】

構造躯体には地元のSGEC認証材「富士山檜輝」を使用しています。

★富士地域材使用住宅取得費補助金として富士市より30万円支給されています。
  (富士市内の施工業者限定)

 

     

  

  

  

現場施工状況写真はこちらから 工程の様子をご覧いただけます。

家族のカラダとココロを潤すコンフォートクラフトライフ採用
※コンフォート・クラフト・ライフの詳細はこちらから。




   住まいづくりではカタログや写真を見ると夢はふくらみますがより良い住まいづくりのためには、実物を見て実際の空間を体感することが大切です。完成建物を見るのも良いですが、施工中現場だからこそ確認できる構造部分に、安心して長く暮らせる快適な住まいづくりの秘密がたくさん隠されています。
  長期優良住宅とはどんな建物なのか?地震に強い家の基準は何で決まるの?気密・断熱性が高い省エネ住宅をつくる施工方法は?火災保険料が半額になる省令準耐火構造とは?など
家づくりで重要な様々な疑問にお答えします。

今回の内覧会は、家づくりを考えている皆様に弊社の建物を「じっくり」と見ていただきたいと思い事前予約を受け付けております。 




㈱建築工房わたなべ 本社
Tel (0545)51-2612 ・FAX (0545)51-2632  mail


TOP一つ前へ戻るトップメニューへ

お問合せ、ご意見、ご感想、ご質問がございましたらメールをお寄せください。    master@kentiku-koubou.co.jp

心がほっこりする やさしい家を建て、長いお付き合いをさせていただくことがわが社のモットーです  株式会社 建築工房わたなべ

Copyright © 2001Architect Atelier WATANABE Co.,Ltd.All Rights Reserved