建築工房わたなべHP TOPページへ


  楽しくて、自由で、かしこい家づくり
+ ご案内地図
+ リンク集


トップページ

  トップページ > ひげ日記 > ひげ日記2013年12月「太陽光発電補助金打ち切り?!」


「太陽光発電補助金打ち切り」
「1粒 100円!」の高級ガム
「改正省エネ基準について」
「富士森林認証の家」制度創設
「うちエコ診断受付開始」
「購入決定!!」
「平成25年度補助事業の概要」
「地震保険料率改定」
「木材エコポイント制度」
「リコ-ルについて考える」
「癸巳(みずのとみ)」
「ヒートショックの予防法」

『ひげ日記』2012年
『ひげ日記』2011年
『ひげ日記』2010年
『ひげ日記』2009年
『ひげ日記』2008年
『ひげ日記』2007年

『心ほっこり』創刊にあたって


ALL About プロファイル 【㈱建築工房わたなべ 代表取締役 渡辺泰敏】

スタッフ紹介
社長ブログ
    「住宅屋の気持ち」
スタッフ紹介
スタッフブログ
業者紹介

メディア情報履歴
 建築工房わたなべがとりあげられた情報を紹介しています。

長期優良住宅

SE構法

お得な補助金情報

静岡市清水区 A様邸↓


沼津市泉町 S様邸↓


富士市今泉 T様邸↓
「富士山地域住宅システムの家」

富士市松本 M様邸↓




 
太陽光発電補助金打ち切り?!2013年12月号より

 皆さんこんにちは、渡邉です。 気が付けば「暦の上ではディセンバ-」 今年も残すところあと僅かとなりました。
今年最後の「ひげ日記」は経済産業省が太陽光発電の補助金を廃止する方向を打ち出しましたのでその情報をお知らせしたいと思います。私の個人的な意見ですが以下の3つの理由から、既存住宅に太陽光発電設備を設置しようと思われている方は、早く契約し手続きを進めた方が良いと思います。

■(理由その1)消費税5%の適用は3/31まで!!増税前の今がチャンス
 皆さんご存知の通り、来年4月1日より消費税が8%となります。消費税5%が適用となるのは、2014年3月31日までに工事が完了し引渡しを受けた方のみです。

■(理由その2)住宅用太陽光補助金制度は3/31まで!!
 現在の制度では太陽光発電設備1kwhあたりの金額が41万円以下(税別)の場合は太陽電池モジュ-ルの公称最大出力1kwあたり20,000円(税別)の補助金が受けられます。しかし11月5日、経済産業省資源エネルギ-庁は「住宅用太陽光発電導入支援補助金」の申し込みを2014年3月末で締め切る事を発表しました。同庁によると、2009年度にはじまったこの太陽光発電の補助金制度は当初より5年間の時限措置であるとし、2014年度の概算要求は提出していないということです。つまり、来年1月から始まる予算審議で議論にのぼらなければ、この補助金制度は廃止になる見通しだということです。しかも必ず2014年3月末まで受付けてくれる訳では無く、受付期間であっても予算残額の超過が明らかになった時点で即時に受付を中止するということです。これまでも毎年補助金の額が減額されてきたため、1~3月に駆け込み需要が発生していました。いつ予算に達するのか資源エネルギ-庁でも予想できないと言っているようですので早めに申し込んだほうが良いかもしれません。また補助金申込書を提出し「補助金申し込み受理決定通知書」が発行された以降でないと太陽光発電設備の設置工事に着工できないという事になっておりますので消費税増税の事を考慮するとその点にも注意が必要です。この補助金制度が無くなると、各都道府県や市町村が行っている太陽光発電設備に関する補助金制度もなくなる方向へ向かうような気がします。詳しくは、太陽光発電普及拡大センタ-(http://www.j-pec.or.jp)や各都道府県のホ-ムペ-ジ等でご確認ください。

■(理由その3)固定価格買取制度38円/kwhは3/31まで!!
 再生可能エネルギ-固定価格買取制度により余剰電力を1kwhあたり38円で10年間買取ってくれる(10kw未満の場合)のは2014年3月31日までです。この制度で売電するためには、事前に設備認定を受ける必要があります。申請から認定まで1ヶ月以上を要します。
 詳しくは下記のホ-ムペ-ジでご確認ください。
   http://www.enecho.meti.go.jp/saiene/kaitori/index.html

 補助金の有無や消費税率のアップなど気にしないという方は別として、太陽光発電設備の設置を検討している方は上記のような理由で早めに検討された方が良いかもしれません。住宅金融支援機構の2012年度の調査では、一戸建て新築住宅への太陽光発電設備の設置割合は23.3%となり、ついに2割を超えました。太陽光発電を大プッシュするつもりはありませんが、その経済性を考えると多くの場合10年以内に元が取れると言う現実もあります。太陽光発電の各種補助金や手続き等、詳しい事を知りたい方はお気軽に弊社までお問い合わせください。

それではまた来年、お会いしましょう。 皆さん、良いお年を!!

 

㈱建築工房わたなべ 代表取締役 渡邉泰敏

 すまいと生活の情報新聞(月刊) 『心ほっこり』 は、建築の豆知識や季節の話、料理のレシピなど気軽に読める内容になっています。皆様のご意見も参考に住宅に関する疑問や質問も大募集したいと思っております。
資料請求ページにて申し込んでいただければお届けいたしますので、お気軽にお申し込みください。


TOP一つ前へ戻るトップメニューへ

お問合せ、ご意見、ご感想、ご質問がございましたらメールをお寄せください。    master@kentiku-koubou.co.jp

心がほっこりする やさしい家を建て、長いお付き合いをさせていただくことがわが社のモットーです  株式会社 建築工房わたなべ

Copyright © 2001Architect Atelier WATANABE Co.,Ltd.All Rights Reserved