建築工房わたなべHP TOPページへ


  楽しくて、自由で、かしこい家づくり
お問合せ・資料請求
+ ご案内地図
+ リンク集


トップページ
  トップページ > リフォーム > 省エネ・創エネリフォーム

「リフォーム・増改築 施工例」

リフォームmenu
 リフォームTOP
 リフォームの流れ
 耐震リフォーム
 省エネ・創エネリフォーム
 バリアフリーリフォーム
 増改築工事
 セレクトリフォーム
 よくある質問
 CGによるリフォーム提案

冊子差し上げます!

「既存住宅の性能向上リフォーム」耐震・断熱で生まれ変わる家

※一般社団法人 JBN 発行

資料請求よりお申し込みください。
資料のお届けは、勝手ながら当社施工可能エリアに限らせていただきます。

◆施工エリア◆
・富士市 ・富士宮市 ・三島市
・沼津市 ・清水町 ・長泉町
・函南町 ・御殿場市 ・裾野市
・伊豆の国市 ・小山町
・静岡市


スタッフ紹介
「心ほっこり」より ひげ日記
社長Facebook
スタッフ紹介
スタッフブログ
業者紹介

メディア情報履歴
建築工房わたなべがとりあげられた情報を紹介しています。


「長期優良住宅化リフォーム推進事業」
    (2014年6月号ひげ日記)


「リフォーム版長期優良住宅」
    (2014年2月号ひげ日記)


富士市長通 H様邸↓


静岡市清水区興津 W様邸↓


富士宮市弓沢町 E様邸↓


省エネ・創エネリフォーム


 リフォームによって便利で快適な住まいを実施するとともに、これからは地球環境問題にも向き合い、家庭から排出するCO2を減らすことも考えましょう。  できるだけ電気やガスの消費を抑える「省エネルギー」と太陽光などを利用した「創エネルギー」を取り入れた、快適性と環境保全を両立させるリフォームで、おサイフにも優しい新・エコライフをはじめましょう。


  断熱リフォーム(窓・壁・床・天井等)
 
 住宅の断熱性や気密性が低いと室温が外気の影響を受けやすくなり、余計な冷暖房費がかかります。また、身体にも大きな負担を与えます。  冬場の暖房時には熱が逃げていき、夏場は外の熱気が内部に侵入してきてしまう。そんなお宅は断熱リフォームをすることによって、住み心地を良くし、冷暖房費を大幅に改善することができます。

■ 窓の断熱改修 

 住まいで最も熱を逃がしてしまうのが窓などの開口部です。
1992年の基準で建てた住宅では、夏における昼の冷房中、建物内に入り
込む熱量の71%は開口部から侵入し、冬の暖房時には48%の熱が流出
しています。

・窓の断熱改修方法の種類
Before


       
After

内装と併せて内窓を新設
するなどの断熱リフォーム
を実施。
   ①内窓の新設
 既存サッシの内枠に断熱内窓を取り付けます。
 簡単な工事で断熱性能が向上し、カビやダニの発生の原因と
  なる不快な結露を抑え、快適な室内環境を整えます。

②外窓の交換
 既存サッシを新たに断熱サッシと交換します。
 窓サイズを変更したり、デザイン性向上も見込めますが、外
 壁を改修する必要もあり、工事が大変になります。外部も含
 めたトータルリフォームの際行なうことをお勧めします。

③ガラスの交換
 既存のシングルガラスをエコガラスと交換します。
 ローコストに改修できますが、性能向上はやや劣ります。


■ 壁・床・天井等の断熱改修


既存の壁・床・天井に断熱材を補充したり、取り払って新たに断熱施工をやり直す方法があります。
家全体を断熱改修することにより、断熱性・気密性が向上し、部屋と部屋との温度差が小さくなり快適性が高まります。光熱費が節約できるのはもちろん、浴室・洗面脱衣室・トイレ等の水周りも断熱することにより、急激な温度差によるヒートショックの危険を解消します。

壁に断熱材を入れ込み、さら
に気密シートを施工します。


省エネリフォームに関する税制優遇

【所得税】  全居室の窓断熱改修など一定の省エネリフォームを行なった場合、確定申告すること
       で、工事費用の一部が所得税額から控除されます。

 ・投資型減税(自己資金で行なった場合)
   省エネ改修費用の10%、最高20万円控除(太陽光発電設備を設置すると30万円)
 ・ローン型減税(ローンを借りて行なった場合)
   年末ローン残高(上限200万円)の2%又は1%が5年間控除されます。

【固定資産税】  一定の省エネリフォームを行なった場合、お住まいの市町村に申告することで、
           翌年度の家屋の固定資産税(120㎡相当分まで)が3分の1に減額されます。


適用期間には期限があります。
    詳しくは資源エネルギー庁のHP「省エネに関する税制」でご確認下さい。



 
太陽光発電システム 
 ふりそそぐ太陽の光を電気に変える太陽光発電は、エネルギー問題や環境問題にも貢献度の高い創エネルギーシステムです。自家発電の電力を使うので、電気代を大幅に削減することができます。設備容量や地域差及び設置条件等により異なりますが、一般の家庭が消費する電力の約6~8割がまかなえると言われています。しかも、晴天時の日中などで余分に発電し、電気が余った場合は自動的に電力会社の電力系統に送り売電するようになっているのでムダがありません。
太陽光発電設置例
 
  平成24年度は、固定価格買取制度(42円/kw)と国・県・市町村の補助金制度や
  システム導入費の低価格化により、太陽光発電システムの導入は大変お得です。
 建築工房わたなべでは、太陽光発電に興味のある方に無料にて「ご自宅シミュレーション」を実施させていただいています。自分の家ではどれだけ発電して、どれだけお得なのか、検討してみてはいかがでしょうか。
  ■ ご自宅シミュレーション希望の方及びお問合せは→  リフォームお問合せ

  ■ 太陽光発電システムに関する補助金については →  お得な補助金 
 

 
次世代型太陽熱利用システム 
 家庭で消費されるエネルギーの3分の1は給湯設備です。 給湯の省エネ化を行なえば、光熱費の節約になります。 従来の太陽熱温水器は、屋根に水を汲み上げ温まったお湯を浴槽に直接落し込み利用するものでした。これですと屋根に負担もかかり、利用するお湯も衛生面で問題があり、飲用としては向きませんでした。 次世代型太陽熱利用システムでは、不凍液を強制循環させ貯湯タンク内で熱変換したお湯を高効率給湯器に接続して利用します。飲用も可能なので家全体の給湯に使用でき、集熱パネルは面積も取らず軽量ですので、屋根に余分な負担もかけることもありません。 晴れた日には、夜まで貯湯タンクのお湯は高温をキープしていますので、給湯器が燃焼すること無く利用できます。ガス代を大幅に節約し家計を助けてくれます。
集熱パネル設置例


高効率給湯器と貯湯タンク
  平成24年度、静岡県では設置費用の10%を補助してくれます。
 また富士市では15万円の補助金を支給しております。
 補助金の詳しい内容及び各自治体の支援制度についてはお問合せ下さい。

 
省エネ設備機器 
■ペレットストーブ
 ペレットストーブとは木質ペレットを燃料とし、炎の温かみを感じながら
ファンヒーターのように手軽に扱えるストーブです。
間伐材の利用促進や非化石燃料を用いることで、地球温暖化対策に貢献するなどの環境問題から注目されるとともに、灯油価格の高騰もあり
広く普及し始めています。

  ※ペレットストーブ施工例




■フレシェード外付スクリーン
 室内に熱が侵入する前に屋外で効果的に遮熱できる外付スクリーンです。また、冬季はシェードを開け、太陽の日射熱をふんだんに取り入れることができます。 隣家に近い窓や通路に面した窓にプライバシーを守る目隠し用として使用することもできます。



エコリフォームで快適で地球に優しい生活を始めませんか
地球温暖化が進行している今、多くの人がCO2排出量の削減や省エネを意識しています。リフォームする際に環境を意識した住まいづくりをすれば、省エネになるだけでなく、快適で経済的な暮らしを実現することができます。

建築工房わたなべは、静岡県エコリフォーム推進協議会の登録店として、高い技術力とお客様への誠実性をもって積極的にエコリフォームを推進しています。

静岡県エコリフォーム推進協議会は→こちら
 
   

click!



TOP一つ前へ戻るトップメニューへ

お問合せ、ご意見、ご感想、ご質問がございましたらメールをお寄せください。    master@kentiku-koubou.co.jp

地震に強く住む人と地球にやさしい、快適で省エネな家づくり。リフォームも 『(株)建築工房わたなべ』へ。

Copyright © 2001Architect Atelier WATANABE Co.,Ltd.All Rights Reserved