建築工房わたなべHP TOPページへ


  楽しくて、自由で、かしこい家づくり
お問合せ・資料請求
+ ご案内地図
+ リンク集


トップページ

  トップページ > わたなべの家づくり > お客様の声 > 畳ダイニングに家族の集う家




伊東市宇佐美 Y邸 (2007年8月完成)
敷地面積:121.68㎡
延床面積:122.54㎡

「『小さな子供達と過ごす、家族5人の時間を大切にしたい・・・』そんな思いで家を建てました。家中どこに居ても子供達の様子がわかるように、吹抜や階段にもこだわりました。やがて子供達も大きくなり、それぞれ自分の部屋が欲しくなると思います。今は3階の洋室を、2段ベッドや収納でうまく仕切ってあるのですが、その空間を間仕切り、個室にしようと考えています。それまでは、家族5人で一緒の時間を過ごしていきたいと思います。」


お施主様ご家族。畳ダイニングに腰掛けて。
「旗竿地のため、道路からはほとんど建物が見えません。
 幅の狭い進入路を入って行くと、目の前に『黒い塔』がそびえ立ち、その中に玄関だけが浮かび上がる・・・そんなイメージを自分の中で思い描いていたのですが、その通りになりました。南側の空き地からは、かなり存在感のある”黒”です。
3階のホールからは伊東の海が見えます。」


「旗竿型でしかも変形の狭い土地に、家族5人が暮らす家にするためには、3階建てにするしかない・・・。でも、伊東という土地柄地震もとても心配。そんなときに『重量木骨の家』に出会いました。」





    

「床を一段上げた『畳ダイニング』。腰掛にもちょうどいい高さです。一段上げた事で、料理を作りながらも子供達に目が届き親子のコミュニケーションもとりやすいです。
大きな座卓は、私達のお気に入りで、子供達の勉強机にもなってとても重宝しています。」

「畳ダイニングに隣接する無垢板張りのリビングには、あまり物を置かずにそれぞれが思い思いに広々と使っています。
ここにテレビを置くことを最初から決めていましたので高窓にしました。テレビ台は背面の壁に合わせて自分でペイントしました。」
「2階のリビング・キッチンそして畳ダイニングが、家族5人のコミュニケーションの中心の場所となっています。」




「3階ホールの吹抜面手摺は、スッキリしたデザインにしたくて細かな格子は入れませんでしたが、子供達の落下防止に自分でロープを使って網を作りました。もう少し子供が大きくなったら外そうと思っています。」



ここに居るよ・・
「段板のみの階段も、家族の気配をいつも感じることのできる重要なアイテムです。」


「リビングの傍らに設けた『パソコンコーナー』。
オープンな書斎です。今は自分だけでなく、妻や子供達も自由に使っています。」


「オリジナルで作った洗面化粧台。2ボールなので、朝のラッシュアワーにも対応出来ます。オレンジのモザイクタイルがお気に入りです。」


 ~関連ページ&ブログ~
  施工中現場    外観・内観写真「畳ダイニングの家」
  
 ※「2008 ちょっとプレミアムな私の家と暮らしコンテスト」(㈱エヌ・シー・エヌ主催)において、
     カテゴリー部門で
3位に入賞しました!
  

※他の施工例もご覧ください
施工例「重量木骨の家(SE構法)」  click↓住宅別 Photo Gallery   施工例「3階建て」



SE構法

◆お問い合わせはこちらまで・・・お気軽にご相談ください。    
 ㈱建築工房わたなべ 本社
  
Tel (0545)51-2612 ・FAX (0545)51-2632  mail



TOP一つ前へ戻るトップメニューへ

お問合せ、ご意見、ご感想、ご質問がございましたらメールをお寄せください。    master@kentiku-koubou.co.jp

心がほっこりする やさしい家を建て、長いお付き合いをさせていただくことがわが社のモットーです  株式会社 建築工房わたなべ

Copyright © 2001Architect Atelier WATANABE Co.,Ltd.All Rights Reserved