建築工房わたなべHP TOPページへ


  楽しくて、自由で、かしこい家づくり
お問合せ・資料請求
+ ご案内地図
+ リンク集


トップページ

  トップページ > わたなべの家づくり > お客様の声 > 温故創新の家






富士市浅間本町  I様邸 (2008年11月完成)


「四季を通しての快適さを実感しています。冬暖かく、夏涼しい家がいいなと漠然と考えていたのですが、その思いをまさに建築工房さんに実現してもらったんだなと実感しています。特に冬は家全体が温まり、一日を通して室内温度の差が少ないせいか、朝から目が覚めた瞬間に寒いと感じたことは一度もないですね。


玄関を入ると「洗い出し」の土間が出迎えてくれます。土間からは、メインリビングと御両親の寝室に直接出入りすることができます。造り付けの木のベンチで、ご近所さんと井戸端会議も。


ベランダと和室南側には、格子を付けました。この格子が目隠しにもなり、風を南から北へ通す役割も果たしています。屋根は勾配に段差を設け、室内の最上から光を取り込み、風が抜けるように設計しました。





「一番のお気に入りは、キッチン廻りの空間ですね。好きな音楽を聴きながら、家族で料理を愉しむという夢が実現しました。打ち合わせでも結構な時間をかけました。アイランド型のシンク調理スペースや、収納スペース、スピーカーの位置からオーダーで造っていただいたステンレスのテーブルなど・・・。みんなでキッチンに立っても動きやすく、使い勝手が良く、蕎麦打ちをする場所も欲しいなんていうわがままを聞き入れてくれて感謝しています。」

薦められたペレットストーブは、本当に採用して良かったですね。「この建物は気密・断熱性が特に優れているので、これだけ吹抜を大きくとってもペレット1台で充分に温かくなります。」と資料を提示して説明してくれたことを今でも思い出します。以前使っていた石油ストーブと比べても省エネで経済的だったと思います。




1階リビングから大きく吹き抜けた2階ホールは、ご主人の一番お気に入りの場所。
バルコニーから気持ちいい風が入って、北窓や高窓へ吹き抜けていきます。


吹抜にはFRP製グレーチングを設置し、デザインにアクセントを。高窓のお掃除もラクに出来ますし、日当たり抜群なので、観葉植物もよく育ちます。


     奥様の焼かれた陶器のボウル



 ~関連ページ&ブログ~
  外観写真      内観写真      施工中現場     ※CASBEE評価
  見学会情報  2008年11/8・9完成内覧会開催

   ※住宅マガジン「CONCIERGE」に掲載されました

   「重量木骨の家HP」のバーチャルSEハウスに掲載されています。

   ★(株)エヌ・シ-・エヌ主催の『第3回 ちょっとプレミアムな私の家と暮らしコンテスト』で
                  「温故創新の家」が部門賞をいただきました!!

※他の施工例もご覧ください
施工例「重量木骨の家(SE構法)」 施工例「2世帯住宅」


SE構法
◆お問い合わせはこちらまで・・・お気軽にご相談ください。    
 ㈱建築工房わたなべ 本社
  
Tel (0545)51-2612 ・FAX (0545)51-2632  mail


TOP一つ前へ戻るトップメニューへ

お問合せ、ご意見、ご感想、ご質問がございましたらメールをお寄せください。    master@kentiku-koubou.co.jp

心がほっこりする やさしい家を建て、長いお付き合いをさせていただくことがわが社のモットーです  株式会社 建築工房わたなべ

Copyright © 2001Architect Atelier WATANABE Co.,Ltd.All Rights Reserved