建築工房わたなべHP TOPページへ


  楽しくて、自由で、かしこい家づくり
お問合せ・資料請求
+ ご案内地図
+ リンク集


トップページ

  トップページ > わたなべの家づくり > お客様の声 > 「SE構法による二世帯リハウス」
ひとつ前に戻る








「以前から建築工房さんは、ゴリラが印象的で、"丈夫そうな家”を建てるイメージは持っていましたが、実際にどんな施工をするのかとかはすいませんが知りませんでした。
実家の敷地内に「新築離れ」と母屋リフォームを計画した時に、まず考えたのが『地震に強い』という事でした。駐車場にしていた場所に、駐車スペースを損なわれずに建てるためには、1階部分が大開口で、2台並列可能というのが条件でもありました。色々勉強していくうちに、耐震等級というものが私の中で大切なキーワードとなりました。屋上が欲しい・・・小屋裏を利用したい・・・母屋と一体化した生活をしたい・・・など、様々な要望を抱えて、数社に相談したところ、全ての条件を満たし、耐震等級「3」が実現可能なのは、建築工房さんのSE構法しかないと結論づけました。」



富士市今泉 O様邸 










母屋側の洋室2間を改装してリフォームしたキッチン&ダイニングです。
奥様のこだわりがきらりと光る黄色いシステムキッチンが料理をいっそう
楽しくさせてくれるとのことです。


「デザイン性や設計力も決めるポイントでしたね。
新居で生活し始めて、早いものでもう1年経ちましたが、とても満足しています。ちょっとした事でも対応してくれますし、職場でも「いいよ!」と話はしているんですよ。」


「2011年2月14日バレンタインデーに、長男の秋聖(シュウセイ)が家族の一員に加わりました。今はほとんど彼中心の生活を送っています。」



O様邸は、第一種低層住居専用地域内にあり、建ぺい率・容積率・北側及び道路斜線など、増築する上で設計上かなり制限が厳しかったです。母屋と新居に高低差があったので、接続方法ではかなり検討を重ねました。
耐震性、デザイン性、設計力などを評価していただき、私達つくり手も嬉しさいっぱいです。ありがとうございました。
                                  営業部 庄司利明




「小屋裏は、今は子供が生まれたばかりで、あまり利用していませんが、将来は、ファミリースペースとして屋上と行き来して、富士山や駿河湾を眺めながら家族でバーベキューを楽しみたいという夢を持っているんです。」












               「心ほっこり」2011年7月号掲載


 ~関連ページ&ブログ~
  施工中現場           ☆関連ブログ2010/3/1「コンパクトだけど凄い基礎」



※他の施工例もご覧ください。
建築工房わたなべのリフォーム・増改築    施工例「重量木骨の家(SE構法)」    施工例「ガレージハウス・ビルトインガレージ」



長期優良住宅
◆お問い合わせはこちらまで・・・お気軽にご相談ください。    
 ㈱建築工房わたなべ 本社
  
Tel (0545)51-2612 ・FAX (0545)51-2632  mail



TOP  / 一つ前へ戻る  / お客様の声 / トップメニューへ

お問合せ、ご意見、ご感想、ご質問がございましたらメールをお寄せください。    master@kentiku-koubou.co.jp

心がほっこりする やさしい家を建て、長いお付き合いをさせていただくことがわが社のモットーです  株式会社 建築工房わたなべ

Copyright © 2001Architect Atelier WATANABE Co.,Ltd.All Rights Reserved