楽しくて、自由で、かしこい家づくり
お問合せ・資料請求
+ ご案内地図
+ リンク集


トップページ

  トップページ > 資料請求 >  『建築工房わたなべ コンセプトブック』


 『建築工房わたなべ パンフレット』 が新しくなりました!!


建築工房わたなべの家づくりのこだわり、コンセプトが満載です!!

家づくりの基本姿勢
楽しい家づくり
施主様が夢や思いを語る。それを私たちが「かたち」として提案する。
またそれを両者で議論し、”答え”を決めていく。その繰り返しで進む家づくりは深い充実感があり、とても楽しいものです。
そうやって、住まい手と私たちが一緒になって、家づくりを楽しめれば楽しめるほど、完成した家の満足度が高くなる。
私たちはそう確信しています。
だから私たちは、施主との十分なコミュニケーションを図りながら、「楽しい家づくり」に向かうのです。

自由な家づくり
私たちが目指すのは「施主の最大満足」です。
だから家づくりが始まる時点で、”規格化されているもの”はできるだけ持たないようにして設計に臨みます。それをたくさん持ってしまうと、まっすぐに「施主の最大満足」に向かっていけないからです。
もちろん構造性能や快適性能、耐久性能など、どんな住まいにも不可欠なものは十分に備え、それを前提にしながら、最大限の「自由な家づくり」を進めていきます。だから私たちがつくる家には、決まったデザインスタイルがないのです。


かしこい家づくり
どんな人も新しい住まいに望むのは”心地よさ”でしょう。
でも、この”心地よさ”を決める要素には非常にたくさんのものがあることを知っておくべきです。いくら間取り、収納、内観の雰囲気、外観デザインに満足しても、地震が来て倒れたり、とても寒かったり暑かったり、メンテナンスが大変だったりすれば”心地よさ”は失われてしまいます。
大事なのはこうした要素の全体を抜け落とすことなく考え、合理的にそのすべてのバランスを整えていくことです。
私たちは、そんな「かしこい家づくり」を進めるために、あらゆる家づくりに関する技術を磨き続けています。
家づくりを楽しむほどに、「いい家」が実現する
  私たちは家づくりのプロとしての力量を最大限に発揮して
    「楽しむ家づくり」をサポートしています。
◇自由な発想で、最適解を提案するために
 将来にわたって満足度が高い家になるには、次のような条件が必要です。
 
使いやすい間取りであること。収納計画が適切であること
 
日当たりや風通しといった住まいの基本要件を満たしつつ、さらに構造性能、温熱環境
   性能(省エネルギー性能)、耐久性能といった住宅性能が十分に備えられていること




住まいの”場”を考える

パッシブデザインを採り入れる=心地よさをつくる基本性能を備える

構造を知り、建物の幅を広げる

◇太陽や風を知り、心地よさをつくるパッシブデザイン
設備機器に頼らずに心地よさをつくる
静岡東部の夏は、大阪などに比べて比較的過ごしやすい気候です。日射しを遮り、うまく風を通せばエアコンに頼らずに夏をしのぐことができます。そうした意味でも「南北」に風が吹くことを考えた家づくりが必要になります。また冬も晴れた日が多く、気温もそれほど下がらないことから、断熱・気密やパッシブソーラーによって相当に暖かい家をつくることが可能になります。

日照をデザインする

太陽の動きを知り、1年を通じて室内を明るく、冬を暖かく、夏を涼しくする建物の工夫を行うのがパッシブデザインの基本です。
 ①室内を明るくするための日照デザイン(昼光利用)
 ②冬を暖かくするための日照デザイン(パッシブソーラー)
 ③夏を涼しくする為の日照デザイン(日射遮蔽)

通風をデザインする(自然風の利用)

高い断熱性と気密性を建物に備える

省エネルギーにつながる設備を提案する

※『自立循環型住宅』という優れた省エネルギー住宅の設計法
わが国の住宅における省エネルギー化を図るため、2003年から国を挙げての省エネルギー住宅に対する研究が始まっています。その成果は具体的な設計手法としてまとめられ、その手法を採り入れた住宅のことを「自立循環型住宅」と呼んでいます。

◇構造を知って設計し、きちんと造る
構造計算を行って、詳細に検討する
私たちは提供するすべての建物において許容応力度計算を行い、構造上ポイントとなる建物のあらゆる部分について
「定められた変形量に収まるか?」「定められた変形量のときに部材が破壊しないか?」を細かく検討していきます。

構造設計の内容を確かな施工力で実現させる
いくら綿密に検討された構造設計であっても、それを実際の建物に実現させなければ
意味がありません。

SE構法と在来工法
私たちは木造の工法として「SE構法」と「在来工法」を持ち、様々な状況に合わせて
”より良い工法”を提案しています。

◇これからの”当たり前”長期優良住宅
長期優良住宅は、国が「これからのわが国の家づくりにおける、当たり前に実現すべき性能や仕様」を提案したものです。建築工房わたなべでは、すでに以前から長期優良住宅の性能・仕様レベルを超える家づくりを行ってきており、すでに多くの長期優良住宅として認定された家づくりを実現させています。
 1.構造性能(耐震性能)
    長期優良住宅の基準:等級2(最高等級3)

  
 2.省エネルギー性能
    長期優良住宅の基準:等級4(最高等級4)
 
 3.劣化対策性能
    長期優良住宅の基準:等級3(最高等級3)
 
 4.維持管理対策性能
    長期優良住宅の基準:等級3(最高等級3)
          
◇地域材を積極的に活用する
私たちは地域材を積極的に活用した家づくりを進めています。
一般社団法人「富士山木造住宅協会」においても中心メンバーとなり、地域材の普及を目指した
活動を続けています。



ご希望の方にお届けいたしますので、資料請求よりお申込み下さい。  
「お問合せ 資料請求」
   
TOP一つ前へ戻るトップメニューへ

お問合せ、ご意見、ご感想、ご質問がございましたらメールをお寄せください。    master@kentiku-koubou.co.jp

心がほっこりする やさしい家を建て、長いお付き合いをさせていただくことがわが社のモットーです  株式会社 建築工房わたなべ

Copyright © 2001Architect Atelier WATANABE Co.,Ltd.All Rights Reserved