本文へスキップ

 富士市の工務店 ㈱建築工房わたなべの、楽しくて、自由で、かしこい家づくり

建築工房わたなべの家づくりCONCEPT

『地震に強く住む人と地球にやさしい家』~快適で省エネなエコハウス~

東海地震が叫ばれる静岡県に住み、そしてそこで工務店を営むものとして、耐震性能にはこだわっています。『住まいは命の箱である』という考えのもと、「住まいづくりを考えるとき一番大切なのは構造安全性である」と長い間訴えつづけてきました。建築基準法を満たすだけでは安全な家などつくれない。最低でも長期優良住宅の認定基準である耐震等級2、できれば耐震等級3の住まいづくりをお勧めしています。
 大切なのは、木造住宅の場合も上部だけでなく、基礎部分もきちんと構造計算を行う事です。あわせて大切なのは古くからの日本人の知恵と現代の技術を併せ持った家づくりを行うということです。地球に負荷をかけず、太陽の力や心地よい風などの自然エネルギーを活用するという昔からの知恵と、断熱や気密、高効率な設備機器や給湯設備などの現代技術を併せ持った家づくりを行う。そうすることにより、「快適で省エネな住宅」が出来るのです。
建築工房わたなべがお勧めするのは、『地震に強く住む人と地球にやさしい家』~快適で省エネなエコハウス~です。

かしこい家づくり

どんな人も新しい住まいに望むのは”心地よさ”でしょう。
でも、この”心地よさ”を決める要素には非常にたくさんのものがあることを知っておくべきです。いくら間取り、収納、内観の雰囲気、外観デザインに満足しても、地震が来て倒れたり、とても寒かったり暑かったり、メンテナンスが大変だったりすれば”心地よさ”は失われてしまいます。
大事なのはこうした要素の全体を抜け落とすことなく考え、合理的にそのすべてのバランスを整えていくことです。
私たちは、そんな「かしこい家づくり」を進めるために、あらゆる家づくりに関する技術を磨き続けています。



自由な家づくり

私たちが目指すのは「施主の最大満足」です。
だから家づくりが始まる時点で、”規格化されているもの”はできるだけ持たないようにして設計に臨みます。それをたくさん持ってしまうと、まっすぐに「施主の最大満足」に向かっていけないからです。
もちろん構造性能や快適性能、耐久性能など、どんな住まいにも不可欠なものは十分に備え、それを前提にしながら、最大限の「自由な家づくり」を進めていきます。だから私たちがつくる家には、決まったデザインスタイルがないのです。
 施工例

楽しい家づくり

施主様が夢や思いを語る。それを私たちが「かたち」として提案する。
またそれを両者で議論し、”答え”を決めていく。
その繰り返しで進む家づくりは深い充実感があり、とても楽しいものです。
そうやって、住まい手と私たちが一緒になって、家づくりを楽しめれば楽しめるほど、完成した家の満足度が高くなる。
私たちはそう確信しています。
だから私たちは、施主との十分なコミュニケーションを図りながら、「楽しい家づくり」に向かうのです。


「Fun to Share」に賛同しています!
「Fun to Share」。 それは、最新の知恵をみんなで楽しくシェアしながら低炭素社会をつくっていこうよ!という合い言葉です。 我慢しながら必死に頑張るのではなく、毎日を楽しく暮らしながら、低炭素社会を作ろうという発想です。 私達「建築工房わたなべ」もこの考えに賛同し、住まいづくりを通して低炭素化に貢献します。 」