建築工房わたなべHP TOPページへ


  楽しくて、自由で、かしこい家づくり
+ ご案内地図
+ リンク集


トップページ

  トップページ > スタッフ紹介 > 我が家の自慢のペットです♪ > 石川さんちの「モモちゃん」


 我が家の自慢のペットです♪

★石川家の「モモちゃん」

・猫(Mix)<♀> 生年月日は不明(推定年齢11歳半)
・家族になった日  H13.5.18


飼主の石川さん
 
 愛猫「モモ」が我が家にやってきたのは、平成13年の5月18日ですから、もう11年前のことです。当時小学校1年生だった息子の所には毎朝一緒に登校するために「秀樹君」が寄っていたのですがその秀樹君が家に来る道中で子猫を見つけ、声を掛けたらついてきたというのです。子供達はそそのまま学校ヘ行ったのですが、モモは家の縁側にとどまり、私以上に猫好きな妻が思わず餌あげました。そしてそのまま我が家の縁側で一晩過ごしたのです。 翌日、私が「家の中に入れてあげよう」とサッシを開けると、モモは自ら家の中に入ってきました。そうして、まるでずっとそこに暮らしていたかのように我が家に馴染み、そのまま暮らすことになったのです。そう、モモは自分で飼い主を選んでこの家にやって来たのです。
 「モモ」の名前は、当時ポストペットのモモが流行っていたことと、白黒の模様が牛のようなので鳴き声の「モ-、モ-」からという2点で決めました。我が家に来た時には生後半年くらいだったと思いますが、とにかく良い子で、トイレも教えなくても猫用トイレの砂の中でするし、テ-ブルや台所の上に乗ったりという事もありませんでした。おそらくどこかの家でしっかりとしつけをされていたのだと思います。それでもしばらくするといたずらもするようになり、壁をよじ登って傷つけたり、クリスマスツリ-に登ったりとやんちゃぶりも見せてくれました。きっと家に来たばかりの頃は、「猫を被っていた」のでしょう。猫は夜行性と言われますが、モモは夜も家族と一緒に寝てます。昼寝と違って夜になると家族の誰かのベッドで一緒に寝るのです。3人の内の誰のベッドで寝るかは決まっていないのですが、マイブ-ム的に10日位同じ所で寝たかと思うと突然場所を変えるという感じです。
モモが家族になって11年。小学生だった息子も高校3年生になりました。最近ではあまり遊んでやっているところを見かけませんが、よく紐やボ-ルで一緒に遊んでました。妹のように可愛がったモモもいつの間にか“おばさん”になってしまい、人間の年齢で言ったら私より年上でしょう。
私も妻も子供の頃から何匹も猫を飼ってきましたが、「こんな猫は今までにいない!」と口を揃えて言うほど愛らしい奴です。猫というより犬のような性格で、一人では居られない寂しがりやで、よく人の目を真っ直ぐに見つめます。思わず話しかけずにはいられないそんな可愛いモモにはいつまでも元気で長生きしてもらいたいと祈っています。
  「心ほっこり」平成24年7月号掲載 
           



我が家の自慢のペットです♪
Iさんちのショコラ君
新井さんちのおはぎちゃん
click!
鈴木さんちの伝書鳩
村山さんちのうりゅうくん
Iさんちの桃助くん
依田さんちのととちゃん
click!
Tさんちのベルくん
Mさんちのハム太郎
加藤さんちの珠くん
Tさんちのみぃちゃん
Sさんちの平太くん
小川さんちのクルミちゃん
Tさんちのマルソーくん
 新井さんちのりく君
村山さんちのそらちゃん
 上杉さんちのプーチン
村山さんちのななちゃん
click!
村野さんちのメルくん
Hさんちのとらこくん

TOP一つ前へ戻るトップメニューへ

お問合せ、ご意見、ご感想、ご質問がございましたらメールをお寄せください。    master@kentiku-koubou.co.jp

心がほっこりする やさしい家を建て、長いお付き合いをさせていただくことがわが社のモットーです  株式会社 建築工房わたなべ

Copyright © 2001Architect Atelier WATANABE Co.,Ltd.All Rights Reserved