建築工房わたなべHP TOPページへ


  楽しくて、自由で、かしこい家づくり
+ ご案内地図
+ リンク集


トップページ

  トップページ > スタッフ紹介 > 我が家の自慢のペットです♪ > 村山さんちの「うりゅう君」/「ななちゃん」/「そらちゃん」


我が家の自慢のペットです♪

★村山家の「そらちゃん」
(愛称 そら)

・犬(MIX)<♀> 2歳 (11Kg)
・家族になった日  H23年4月17日(3Kgでした)
・誕生日 不明


飼主の村山さん
今回は村山家のアイドル「そら」を紹介します。

彼女との出会いはインターネットの“里親探し”でした。東日本大震災が起き、色々考えていたころ、彼女は被害のあった茨城県大洗町という所のボランティア団体が保護していた子犬でした。私たちは白い雑種を探していて、彼女を見つけた時は、私たち二人とも「この子!」と一目ぼれ。申し込むと取りに来てくれればという条件で、もちろん「行きます!」と返事をし、何か持っていくものはないですか?というと「ドッグフードが手に入りづらいのでお願いします」と言われました。数日後ドッグフードを車に積んでまだ道路がひび割れたり、瓦礫がそのままの、閑散とした町に迎えに行きました。
名前は、私が「そら」と決めていました!長い道のり、ゲージの中で緊張していたそらも、家に着くとひざの上ですやすや寝るくらいになり、私たちを家族と認めてくれたようでした。
ただ、野良ちゃんだったようで、私たち以外の人には警戒心が強く、なついてくれません。かわいそうなのは私の実家の父で、そらが家に来てから週3回くらいはおやつを持って「そらちゃ~ん♪」と来てくれるのに、未だに吠えられ、いっこうになつきません。車をとても怖がっていたし、父に似た人に保護されたとか、いじめられたとか私達の知らない何かトラウマみたいなものが彼女にはあるようです。 



   
(我が家に来たばかりの頃)
性格は、私達の前では天真爛漫のやんちゃ娘!わがままでヤキモチやき。甘え上手な甘えん坊。家に入れると必ずおもちゃの3点セットを持ってきて「遊んで!」攻撃。来た時からよくだっこしていたので、だっこされるのが好きで、抱くとおとなしくなります。お散歩の時は私達の顔をちょこちょこ見ながら歩きます。垂れた耳がぴょこぴょこ揺れてかわいいです♪おねだりする時や待つ時は、ビクター犬のように首をかしげ、それがかわいくてニコニコ眺めていると、反対側にまた首をかしげます。他のワンコには厳しい主人もそらにはメロメロで甘いので笑ってしまいます。ほんとにそらは私たちのアイドルで、私たちを元気に明るくしてくれる天使のような子です。

「心ほっこり」平成25年11月号掲載
そらの目線の向こうには・・・
   click↓
  

おすまし!
ミニ遠足中。私達の顔をちょこちょこ見るので目がバチバチ合います♪   
  おやすみ~。平和な寝顔・・・
  
 そらのお家。穴を掘って地下室作ってます(ペンキ塗り直してあげないとね・・・(^^ゞ) 



★村山家の「うりゅう君」
click!真っ黒でわかりずらいので、ちょっと拡大して見てください。
(愛称 うり)

・犬(MIX)<♂> 8歳 (17kg)
・家族になった日  H16年10月17日
・誕生日 H16年8月31日


飼主の村山さん
村山家2番目のわんこは「うりゅう」です。主人が名前をつけました。
うちの子になった日
その年わんこ(ななの息子)を交通事故で亡くして立ち直れていない私に、市の里親探しがあるけど行ってみない?と主人が誘ってくれました。行ってみると、猫は多いけど犬は少なく5匹くらいだったでしょうか。フリータイム?では他の犬も抱かせてもらいましたが、和犬が好きな私たちはうりゅうが気に入り、うりゅうも私の腕の中ですぐ寝てしまい、「相思相愛みたいね。」と元飼い主さんに言われ・・・でも他にもうりゅうが欲しいという人が何人もいて、抽選になりました。そしてこれが縁というものなのか私達が当選し、うりゅうはうちの子になりました。
来た日だけはおとなしく、膝の上でずっと寝ていました(右の写真)が、次の日会社から帰ると、高く作ったはずの箱を脱走し、部屋の中を飛び回っていました。垂れていた耳はすぐにピンと立ち、やんちゃなうりゅうに振り回されながら、私たちは悲しい気持ちから救われていきました。
(うちの子になった日のうりゅう)

   この後うりゅうは寝てしまいました・・・  
  うちに来て4日目  うちに来て1週間 click↑ 
(この後寝てしまいました・・・)
うちに来て半年くらい
             
                               

ほんとは男前な子なのですが(親バカ)、なにせ黒くていい写真があんまりありません。夜電気がないと闇に同化してどこに居るかわからなくなります(^_^;) 外で飼っているので番犬としては強そうで役にたっていると思います。犬小屋の屋根の上が好きでよくそこに居ます。三度の飯よりお散歩が好きで、お散歩を待つときは超お利口そうにお座りしていますが、リードをつけると性格が変わってしまいます(--;)すごい形相で鼻息荒く、馬鹿力で引っ張るので恥ずかしいです。お散歩がお利口になるグッズもいくつも試してみましたがどれもおバカ力で壊され数回と保たず、散歩中はおやつに目もくれないので調教も難しく・・・(T_T)
そらがまだうちに来て1ヶ月くらい「うり兄ちゃん、大好き!」
名前も見た目もお散歩もワイルドな感じですが、性格は怖がりで優しい子です。特に雷と地震は大嫌いで、「怖いよ、お家に入れて」とパニックになります。私たちが聞こえないくらい遠くの雷にも反応してしまうので、雷の時期は大変です。 もう一匹のわんこ“そら”はうり兄ちゃんが大好きです。庭に放すとやんちゃ盛りのそらの攻撃を、嫌がりながらも優しく面倒みています。
家に入れてあげた時はいつも私のそばで寝ています。私の座布団にゴロゴロ体をすりつけるのが大好きです。「おんぶ~」と言うとお座りをしてくれるので、私はその背中に抱きつきます(正確にはおんぶではないですが)。広い背中で落ち着きます(*^^*) 相思相愛はずっと続いていると私は思ってます♪
  「心ほっこり」平成25年3月号掲載 
  
      
うりゅうは屋根の上が大好きです♪ 爪を研ぐので屋根はすぐボロボロに・・・。右側はお散歩を待って、お利口にしてるところ。   

 ←お散歩中。歩いてる時は、もっとブサイクです!
  
    家の中ではとてもおとなしくて、だいたいそばにいます。そしてたまに黄昏ています・・・



★村山家の「ななちゃん」
(11歳の頃)

・犬(雑種)<♀> 15歳11ヶ月(平成24年9月現在)
・家族になった日  H8年10月17日
・現在の体重→9.5Kg


飼主の村山さん
 
うちには3匹の犬がいます。まずは最年長の「なな」から紹介します。
家を建てて横浜から裾野に引っ越してきたのが平成8年の8月、犬好きの私たち夫婦は犬を飼うことが夢で、横浜に住んでいる時から、家を建てたら保健所で保護されている犬をもらってこようと決めていました。でも裾野市に問い合わせると、当時は保健所に保護されている犬は病気などの関係で飼主以外、あげることはできないと断れてしまいました。でも保健所に来る前に飼主さんに直接交渉してもらうのは構わないと言われ・・・捨て猫捨て犬の回収日に回収車の所で待つように言われ、一番初めにやってきた犬が「なな」です。まだ小さくて紙のお菓子の箱に蓋をされてやってきました。「他の兄弟はみんなオスで貰い手がみつかっているんだけど、この子だけメスで貰い手が見つからないので・・・」と元飼主さんは言っていました。(だからでしょうか、ななは一度だけ出産を経験していますが、生まれた5匹みんな男の子で、新しい飼い主もすぐにみつかりました。)「抱かせてもらいな」と回収車の運転手さんに促され、私の手のひらに乗せられた子犬は、鼻がつぶれていてブルドックみたいでとってもブサイクでしたが、もう選ぶなんてことは考えられず、そのまま抱いて帰ってきました。名前は帰りの車の中で直感で私が決めました(^^♪ それからもうすぐ16年、我が家の思い出と共に「なな」はいます。

心配していたブサイク顔も、大きくなるにつれ柴犬のようなかわいい顔になり(親バカ?)、人懐っこいななは近所の人たちや、お散歩をしてる人たちにも名前を覚えてもらって、「ななちゃん」と通るたびに声をかけてもらったりしていました。外面はいいのですが、家ではけっこうわがまま娘で食べ物の好き嫌いは激しいし、第一私は彼女より下に見られてると思います。それから百面相というくらい表情が豊かな子でした。なでてもらうのが大好きで、お手をするまねをしてなでてとせがみ、背中やお腹など自分がなでて欲しい場所を向けてきました。とても賢くて、人の言うことは全部わかってるんじゃないの?と思うくらいで、約束は覚えているので絶対守らなくちゃと思いました。約束といっても「ビーフジャーキー買ってくる」とか「今夜は一緒に寝ようね」とかですが(^^ゞ
(←おやつを貰うときの真剣な顔の”なな”)

今はもうおばあちゃんになってしまって、表情も少なくなったし、耳がほとんど聞こえません。なでてとお手をすることもなくなりました。挙動不審な行動もします。ボケてきちゃったと思うと寂しいですが、仕方がありませんね。よろっとしたり転んだりするので長い距離は心配で他の2匹とは別に短いお散歩に連れて行くのですが、今もお散歩が大好きで、お散歩に行く時は門扉までうさぎのようにぴょんぴょん跳ねて行きます。家にいる時よろっとするのが嘘のようです。この夏も食欲が落ちることもなく毎日お散歩にも行けるくらい元気なので、それが何よりです。
まだまだ一緒に歳をとっていきたいし、いてくれるだけで幸せなので、いっぱいわがままもきいてあげたいと思っています。
  「心ほっこり」平成24年9月号掲載 
  
       
11歳の頃の”なな”                          偉そうな”なな”
 
お散歩大好きな”なな”(14歳)

 ちょっと前の”なな”(14歳)
「なな・・・いっぱいいっぱいありがとう。」
  最近は寝てることも多いです
 

 ななお昼寝中・・・・
   (2013年1月)


我が家の自慢のペットです♪
Hさんちのとらこくん
新井さんちのおはぎちゃん
click!
Iさんちの桃助くん
依田さんちのととちゃん
click!
加藤さんちの珠くん
村野さんちのメルくん
鈴木さんちの伝書鳩
石川さんちのモモちゃん
click!
Iさんちのショコラ君
新井さんちのりく君
 Tさんちのみぃちゃん
小川さんちのクルミちゃん
 
 Mさんちのハム太郎
Tさんちのマルソーくん
Tさんちのベルくん
 
 Sさんちの平太くん
上杉さんちのプーチン
 
   

TOP一つ前へ戻るトップメニューへ

お問合せ、ご意見、ご感想、ご質問がございましたらメールをお寄せください。    master@kentiku-koubou.co.jp

心がほっこりする やさしい家を建て、長いお付き合いをさせていただくことがわが社のモットーです  株式会社 建築工房わたなべ

Copyright © 2001Architect Atelier WATANABE Co.,Ltd.All Rights Reserved