建築工房わたなべHP TOPページへ


  楽しくて、自由で、かしこい家づくり
お問合せ・資料請求
+ ご案内地図
+ リンク集


トップページ

  トップページ > わたなべの家づくり > 長期優良住宅


 代表 挨拶
 震度7でも住める家
  (耐震へのこだわり)

かしこい家づくり
 長期優良住宅
 パッシブデザイン
 ZEH
 SE構法
 森林認証システムの家

 長期優良住宅物件一覧

自由な家づくり
 施工実績一覧
 こだわりの空間

楽しい家づくり
 プランニングを楽しむ
 イメージパース
 お客様の声


スタッフ紹介
「心ほっこり」より ひげ日記
社長Facebook
スタッフ紹介
スタッフブログ
業者紹介

メディア情報履歴
建築工房わたなべがとりあげられた情報を紹介しています。


ビルトインガレージ・平屋などキーワードで施工例が探せます


お得な補助金情報


「家づくりの冊子」
プレゼント!
 どこの住宅会社で建てるのにも知っておいていただきたい・・・。そんな内容の冊子を2冊ご用意いたしました。家づくりを始める前に是非読んでいただきたい冊子です。お気軽にお申し込みください。

    ★詳しくはこちらから



沼津市平沼 E様邸↓



建築工房わたなべの長期優良住宅なら 「マイホーム借上げ制度」の利用が、50歳未満でも可能です!
↑click
「マイホーム借り上げ制度」をご存知ですか?
移住・住みかえ支援機構(JTI)がマイホームを借上げ、第三者に転貸し、転貸収入から借上げ賃料を支払う仕組みです。
これには条件があり普通50歳以上の方の住宅に限られますが、「移住・住みかえ支援適合住宅」に認定されれば、50歳未満の方でも「マイホーム借りあげ制度」が適用されます。建築工房わたなべの長期優良住宅は、JTIの「移住・住みかえ支援適合住宅」に認定されます。




建築工房わたなべの建てる家は    全棟「長期優良住宅」です。

長期優良住宅は、国が「これからのわが国の家づくりにおける、当たり前に実現すべき性能や仕様」を提案したものです。建築工房わたなべでは、すでに以前から長期優良住宅の性能・仕様レベルを超える家づくりを行ってきており、すでに多くの長期優良住宅として認定された家づくりを実現させています。
長期優良住宅の内容については、日本住宅性能表示基準に基づいたものになっています。以下にある「等級3」などは、その性能のレベルを示したものです。

1.構造性能(耐震性能)
長期優良住宅の基準:等級2(最高等級3)
建築工房わたなべでは耐震性能において、長期優良住宅の認定基準を上回る最高等級3を標準性能とした家づくりを行っています。なお、長期優良住宅(等級2)の基準を満たすための方法として構造計算は必須ではありませんが、私たちは確実にその基準を満たすために、すべての建物において詳細な構造計算(許容応力度計算)を行っています。

        震度7でも住める家(耐震へのこだわり)

耐震等級の内容を示す表

目標とする耐震性能 検討すべき内容
構造躯体の倒壊等防止 構造躯体の損傷防止
建築基準法
(等級1)
数百年に一度程度の大地震(震度6強~7程度)の力に対して倒壊、崩壊等しない程度 数十年に一度程度の中地震(震度5強程度)の力に対して損傷しない程度 ○耐力壁の量の確保
○耐力壁のバランスのチェック
○例示に基づく金物の仕様
○例示に基づく基礎の仕様
耐震等級2 数百年に一度程度の大地震(震度6強~7程度)の力の1.25倍に対して倒壊、崩壊等しない程度 数十年に一度程度の中地震(震度5強程度)の1.25倍の力に対して損傷しない程度 ○耐力壁の量の確保
  (等級1よりも多い)
○耐力壁のバランスのチェック
○床倍率(水平構面)のチェック
○接合部倍率(接合部の強さ)のチェック
○基礎のチェック
耐震等級3 数百年に一度程度の大地震(震度6強~7程度)の力の1.5倍に対して倒壊、崩壊等しない程度 数十年に一度程度の中地震(震度5強程度)の1.5倍の力に対して損傷しない程度


2.省エネルギー性能
長期優良住宅の基準:等級4(最高等級4)
この等級4とは現在の省エネルギー基準(次世代省エネルギー基準)を満たすものですが、私たちはそこで定められた断熱性能や日射遮蔽性能の内容にとどまらない、高い省エネルギー性をもった家づくりを行っています。


3.劣化対策性能
長期優良住宅の基準:等級3(最高等級3)

構造材の腐朽やシロアリ被害の進行を抑えるための措置に対する性能です。私たちはこうした措置はもちろん、構造材腐朽の最大の原因となる雨漏りを防ぐ様々な工夫を行い、またシロアリが建物に侵入することを防ぐ措置を実施しています。




4.維持管理対策性能
長期優良住宅の基準:等級3(最高等級3)
メンテナンス上重要になる、配管の仕様に関する措置について定められた内容です。配管の継ぎ手を少なくする「ヘッダー工法」、交換が容易な「さや管工法」、配管を基礎の下に埋めない措置などを行います。私たちはこれに加えて定期点検の実施を行い、提供した建物の維持管理に努めています。





 長期優良住宅のメリット
◆優遇税制などのメリット

一般住宅 長期優良住宅
ローン減税 借入残高の1.0%(10年間)
    最高400万円
借入残高の1.0%(10年間)
    最高500万円
所得税減税
(非ローン)
なし 性能UP費用の10%
(翌年分繰越あり)
登録免許税 保存登記費用1.5/1000 保存登記費用1.0/1000
不動産取得税 1200万円控除 1300万円控除
固定資産税 3年目まで1/2軽減 5年目まで1/2軽減
融資(フラット35S) 当初5年間 金利-0.3% 当初10年間 金利-0.3%
※関連記事(ひげ日記より)
◆「先導モデルに簡易版登場?!」
◆「長期優良住宅って得?」


既に、建築工房わたなべの家は標準で『長期優良住宅』の認定基準に適合する仕様となっています。ですから長期優良住宅の仕様にするために建物部分では追加費用の必要はありません。
シミュレ-ションも可能ですので、長期優良住宅の金銭的なお得度が気になる方や、各種補助金等の詳しい資料をご希望の方は気軽にお問い合わせください。
 
 長期優良住宅は金銭的なメリットだけでなく、これからのスタンダ-ドとなる家の性能を備えています。これから家創りを考えている方は、最低限『長期優良住宅』の認定基準の性能を確保した上でプランや仕様を検討し住宅を建築されることを強くお勧め いたします。




「長期優良住宅」施工現場

   建築工房わたなべは、この「長期優良住宅事業」にいち早く取り組んでいます。
       完成建物、建築中、またこれから着工予定の物件を紹介いたします。
         
「長期優良住宅」の物件はこちらから


※お気軽にお問合せください。
    また、資料もご用意しておりますので、お申込みください。資料請求ページはこちらから




かしこい家づくり
    パッシブデザイン      ZEH     SE構法      森林認証システムの家


TOP / わたなべの家づくり / 一つ前へ戻るトップメニューへ

お問合せ、ご意見、ご感想、ご質問がございましたらメールをお寄せください。    master@kentiku-koubou.co.jp

心がほっこりする やさしい家を建て、長いお付き合いをさせていただくことがわが社のモットーです  株式会社 建築工房わたなべ

Copyright © 2001Architect Atelier WATANABE Co.,Ltd.All Rights Reserved