建築工房わたなべHP TOPページへ


  楽しくて、自由で、かしこい家づくり
お問合せ・資料請求
+ ご案内地図
+ リンク集


トップページ

  トップページ > わたなべの家づくり > ZEH


※弊社は一般社団法人環境共創イニシアチブ(略称:SII)により「ZEH☆5ビルダー」に認定されています。


 代表 挨拶
 震度7でも住める家
  (耐震へのこだわり)


かしこい家づくり
 長期優良住宅
 パッシブデザイン
 ZEH
 SE構法
 森林認証システムの家

 長期優良住宅物件一覧

自由な家づくり
 施工実績一覧
 こだわりの空間

楽しい家づくり
 プランニングを楽しむ
 イメージパース
 お客様の声


スタッフ紹介
「心ほっこり」より ひげ日記
社長Facebook
スタッフ紹介
スタッフブログ
業者紹介

メディア情報履歴
建築工房わたなべがとりあげられた情報を紹介しています。


ビルトインガレージ・平屋などキーワードで施工例が探せます


お得な補助金情報


「家づくりの冊子」
プレゼント!
 どこの住宅会社で建てるのにも知っておいていただきたい・・・。そんな内容の冊子を2冊ご用意いたしました。家づくりを始める前に是非読んでいただきたい冊子です。お気軽にお申し込みください。

    ★詳しくはこちらから

 現在建築中
ZEH

※8月24日(土)25日(日)
完成現場見学会開催!
詳細はこちらから


富士市水戸島 I様F様邸↓


富士市川成新町 W様邸↓


富士宮市道源寺町 S様邸↓


富士市厚原 A様邸↓



建築工房わたなべの長期優良住宅なら 「マイホーム借上げ制度」の利用が、50歳未満でも可能です!
↑click
「マイホーム借り上げ制度」をご存知ですか?
移住・住みかえ支援機構(JTI)がマイホームを借上げ、第三者に転貸し、転貸収入から借上げ賃料を支払う仕組みです。
これには条件があり普通50歳以上の方の住宅に限られますが、「移住・住みかえ支援適合住宅」に認定されれば、50歳未満の方でも「マイホーム借りあげ制度」が適用されます。建築工房わたなべの長期優良住宅は、JTIの「移住・住みかえ支援適合住宅」に認定されます。

















ひげ日記
 『「最高レベル5つ星」認定を取得』
 (平成30年4月号)

ひげ日記
 『3省連携ZEH支援制度』
 (平成30年4月号)


ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)について

ZEHロードマップ ZEH目標及び実績 ZEHの定義
ZEH簡単に説明すると・・・ ZEHのつくり方 弊社の考えるZEH
  弊社ZEHユーザー様の声 BELS工務店宣言  



◇ ZEH(ゼッチ)ロードマップ
 国は2014年に定めたエネルギー基本計画で、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指すと目標を定めました。この当時はまだZEHの定義もきちんと決まっておらず、それぞれの会社でZEHを独自に説明していました。そんな中、経済産業省は2015年12月に「ZEHロードマップ」を公表しZEHを定
義し、ロードマップの目標を実現するための施策を取りまとめました。ZEHとするために必要な断熱性能の基準値等は住宅を建築するエリアにより異なりますので以下の説明は弊社のある静岡県富士市(6地域)についての場合です。



◇ ZEH目標及び実績 
 建築工房わたなべはZEH☆5ビルダーです
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
目標 25% 32% 45% 56% 62%
実績 50% 38% 67%

 弊社では既に2020年の国の目標は達成しておりますが、更にZEH比率を高め、
快適で省エネなエコハウスの普及に積極的に取り組みます。
    ※こちらで検索できます。
        ZEHプランナー/ビルダー検索 http://sii.or.jp/zeh/builder/search



◇ ZEHの定義
 ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、外皮の高断熱化及び高効率な省エネルギー設備を備え、再生可能エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスの住宅と定義しています。 
 
画像:資源エネルギー庁HPより



◇ ZEHを簡単に説明すると…
 使ったエネルギー以上のエネルギーを太陽光発電設備等で創エネできる家という事です。しかし、太陽光発電を沢山載せて創エネすれば暖房や給湯などのエネルギーをいくら使ってもゼロ・エネルギーになるから良いという訳ではありません。

 具体的には2020年に義務化される断熱基準より少し断熱性能を高める必要があります。その上で設備の高効率化を行い、省エネ基準と比較して20%以上の省エネをZEH基準として設定しています。
この基準を満たした上で、太陽光発電等の創エネルギーで正味ゼロ・エネルギーとなればZEHと認められるという事です。(100%省エネ達成。)

 
           画像:一般社団法人 日本建材・住宅設備産業協会「ZEHのつくり方」より
  年間で消費する住宅の一次エネルギー量が、創エネルギーとの差し引きで正味(ネット)でゼロ以下となる
*「一次エネルギー」とは、石油、石炭、天然ガスなど自然界から得られるエネルギー源のこと。 
 
ただし、都心部3階建て住宅などのように屋根が小さい住宅では、太陽光発電等でエネルギーを創ることに限界があるため、正味で75%以上省エネしたものをNearly ZEH(二アリー・ゼッチ)とするとしています。断熱性能や省エネ設備等はZEH基準を満たしているが太陽光発電の量が少し足りない住宅という事です。
 ZEHやNearly ZEHの判定方法は省エネ基準に従いますが、その対象設備は空調・給湯・換気・照明設備のみです。太陽光発電は、自己消費分以外の売電分も評価に含める事ができます。

 ZEHというと最先端で最高の住宅というイメージを持たれる方が多いと思いますが、決してそんなに高いハードルではありません。



◇ ZEHのつくり方

画像:資源エネルギー庁HPより
  ①断熱性能をUA値(外皮平均熱貫流率)0.6(Q値1.9相当)以下とする。
2020年 に義務化予定の断熱性能の基準はUA値0.87(Q値 2.7相当)なので少し強化すれば足りる程度です。(弊社では標準仕様でもこの基準をクリアしています。)

②給湯器はガスならエコジョーズ(高効率給湯器)、電気ならエコキュートとし、高効率のエアコンを設置し、照明器具は蛍光灯かLEDを選択する。(弊社標準仕様)

③ゼロエネとするのに必要な量の太陽光発電設備を設置する。

以上3点でZEH(ゼロ・エネルギー住宅)の出来上がりです。
                   



◇ 弊社の考えるZEH
 今後ますます多くのハウスメーカーやビルダーがいかにも凄い家のようにZEHを宣伝すると思いますが、健康で快適な家にするためには上記①に記載した断熱性能が一番大切です。
 住宅は一度建築されると長期に渡って利用されるものです。エアコンや給湯器は古くなった時に更新すれば簡単に最新の高効率機器に置き換わり、消費エネルギーは減りますが、断熱材やサッシを住宅の建築後に交換することは簡単にはできないからです。
 一口にZEHと言ってもさまざまなタイプのZEHが存在します。設備にウエイトを置いたメカ中心のZEHなのか、高断熱にウエイトを置いたZEHなのかを是非見極めていただきたいと思います。限られた予算のなかでどこにお金を掛けるのが良いのか?健康で快適な住まいのために大切なのはまずは断熱をはじめとする躯体の性能なのです。
  太陽光発電設備はエネルギーはつくってはくれても、快適な住環境をつくってはくれないからです。
 ZEHにする場合は是非、高断熱型のZEHを目指していただきたいと思います。




◇ 弊社ZEHユーザー様の声
富士市K様邸は平屋のゼロエネルギー住宅です。(2015年12月完成)
 
【光熱費実績】
 
●支払金額・・・合計 57,943円
●売電収入・・・合計149,160円
(売電価格33円/kwh)
        
【お施主様の声
 住み始めて感じたのは冬の暖かさと、夏の涼しさです。今年の夏も暑かったので、日中在宅時は結構エアコンをつけていました。外出時にエアコンを止めて数時間後に帰ってきても、ほぼ出かける前と同じ涼しさ。「不思議な家だね。」と話しています。それと電気代にびっくり。真夏で日中エアコンをつけているのに電気代は月4,000円以下。さらに売電が月に15,000円程度あるので、毎月10,000円以上のプラスです。夜はエアコンをつける必要もなく、窓を開けて風を通すだけで十分です。








◇ BELS工務店宣言 
 BELS(ベルス)とは「建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針」に基づき、 建築物において、第三者評価機関が省エネルギー性能を評価し認定する制度です。評価対象は外皮性能、一次エネルギー消費量で、省エネ性能のランクに応じて5段階の星マークで表示されます。(最高が★★★★★)
 弊社はBELS工務店としてこの省エネ表示制度に積極的に取り組み、2020年には全棟BELS表示を目指します。2017年度の弊社BELS表示割合は14%、2018年度は40%でした。



ZEHについて参考になるサイト
●経済産業省 資源エネルギー庁のHP:ZEHに関する情報公開について
 http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/zeh/

●一般社団法人ZEH推進協議会 HP:http://zeh.or.jp/
 (※弊社は、このZEH協の活動趣旨に賛同し会員として参加しています。)

●一般社団法人 環境共創イニシアチブ:https://sii.or.jp/
 (※弊社は、環境共創イニシアチブ に「ZEHビルダー」として認定されています。)


 
 ★ 分からない事などございましたら、お気軽にお問合せください。
お問合せ・資料請求
    また、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。



かしこい家づくり
   長期優良住宅      パッシブデザイン      SE構法      森林認証システムの家


TOP / わたなべの家づくり / 一つ前へ戻るトップメニューへ

お問合せ、ご意見、ご感想、ご質問がございましたらメールをお寄せください。    master@kentiku-koubou.co.jp

心がほっこりする やさしい家を建て、長いお付き合いをさせていただくことがわが社のモットーです  株式会社 建築工房わたなべ

Copyright © 2001Architect Atelier WATANABE Co.,Ltd.All Rights Reserved