建築工房わたなべHP TOPページへ


  楽しくて、自由で、かしこい家づくり
+ ご案内地図
+ リンク集


トップページ

  トップページ > ひげ日記 > ひげ日記2020年5月『補助金の期限延長』


補助金の期限延長
正しい換気の方法
新型コロナウイルス感染症対策
令和2年度の国土交通省住宅関連予算案
庚子(かのえ・ね)


『ひげ日記』2019年
『ひげ日記』2018年
『ひげ日記』2017年
『ひげ日記』2016年
『ひげ日記』2015年
『ひげ日記』2014年
『ひげ日記』2013年
『ひげ日記』2012年
『ひげ日記』2011年
『ひげ日記』2010年
『ひげ日記』2009年
『ひげ日記』2008年
『ひげ日記』2007年

『心ほっこり』創刊にあたって


スタッフ紹介
「心ほっこり」より ひげ日記
社長Facebook
スタッフ紹介
スタッフブログ
業者紹介


㈱建築工房わたなべ モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

メディア情報履歴
 建築工房わたなべがとりあげられた情報を紹介しています。

長期優良住宅

SE構法

お得な補助金情報



ALL About プロファイル 【㈱建築工房わたなべ 代表取締役 渡辺泰敏】




補助金の期限延長2020年5月号より

  皆みなさまこんにちは、渡邉です。今年のゴールデンウイークは外出自粛で、自宅に籠っていたかたがほとんどだったと思います。コロナウイルス感染症が終息するのにはかなり時間がかかりそうです。いまは終息ではなく、収束を目指して頑張りましょう。
また、頑張ってくれている医療従事者やその家族、さらには感染者への差別的な行動も横行しているようです。悪いのはコロナウイルスで、感染してしまった人では無いはずです。誰にでも日常生活の中で一定の感染リスクはあります。明日は我が身と考え、「お互いさまの精神」を大切にして欲しいと切に願っています。

  さて今月号の「ひげ日記」は家づくりをお考えの方に向けた情報です。住宅ローン減税等の期限延長が発表されました。また、令和2年度の補助事業についても発表されましたので、併せてご案内させて頂きます。


■ 住宅ローン減税
 毎年の住宅ローン残高の1%を10年間、所得税から控除する制度です。消費税10%が適用される住宅を取得した場合は、控除期間13年間に延長する特例があります。控除限度額は長期優良住宅の場合は借入金年末残高(上限5,000万円)の1%となります。
今回の弾力化措置で、新築の注文住宅の請負契約を令和2年9月末日までに行えば、令和3年12月31日の入居まで延長となります。(当初は令和2年12月31日入居が期限)


■ 次世代住宅ポイント
 一定の省エネ性・耐震性・バリアフリー性能等を有する住宅や家事負担軽減に資する住宅の新築やリフォームを行う場合に、様々な商品等と交換可能なポイントを付与します。新築で長期優良住宅の場合は35万円相当、リフォームは最大30万円相当のポイントを付与。若者・子育て世帯がリォームを行う場合等にはポイントの特例もあります。今回の弾力化措置で、令和2年8月31日までの契約でポイント申請可能となります。(当初は令和2年3月31日までの契約が期限)。
ただし予算に達し次第終了。


■ 住宅やオフィスなどの普通の部屋はどの程度換気されているのか?
 一般的な居室の換気量は建築基準法で定められています。人から発生する汚染物質を対象として機械換気設備を設置する場合は、基本的に在室者1人あたり20㎥/h以上の換気量が必要とされていますが、実際には室内の汚染物質の基準濃度に基づいて必要換気量が決まる場合が多くあります。

またそれ以外にも、ホルムアルデヒドの除去のため基本的な換気回数が決められており、例えば2003年7月以降に建てられた住宅では通常0.5回/h以上となる機械換気設備の設置(いわゆる24時間換気設備)が義務づけられています。


■ 住まい給付金
 収入に応じて現金を給付する制度です。収入の目安は年収775万円以下、給付額は最大50万円。ただし令和3年12月末までに引渡しを受け、入居した場合。


■ 贈与税
 令和2年4月以降の契約で父母や祖父母等の直系尊属から、住宅取得資金の贈与を受けて住宅を取得した場合、最大1,500万円の贈与が非課税となります。


■ 他の補助事業等
 弊社にて静岡県内施工の場合です)各事業共概要で、金額に達し次第終了や弊社での戸数の制限等のあるものもあります。

(1)地域型住宅グリーン化事業(国土交通省)
 弊社の標準仕様でほぼ対象となります。本年度は例年より募集開始時期が早く、6月下旬以降の着工なら使えそうです。
・長寿命型(長期優良住宅)100万円、ゼロエネルギー型(ZEH)125万円、高度省エネ型(認定低炭素住宅・性能向上認定)140万円、三世代同居加算+30万円、地域材加算+20万円ほか

(2)しずおか木の家促進事業(静岡県)
 県産材を50%以上利用で建物床面積や使用量により6万~30万円
以下は富士市の補助金です。建設地が富士市内や富士市内の工務店による施工、他にも建設地域等の制限があるものもあります。

(3)富士地域材使用住宅取得費補助金  (富士ヒノキの家)
 富士地域材を木材総使用量の34%以上使用等で30万円

(4)ゼロエネルギー住宅
 BELS評価にてゼロエネ相当であれば30万円
(地域型住宅グリーン化事業のゼロエネ利用など、国の同種の補助金との併用は不可です。グリーン化でも長寿命型なら併用可です。)

(5)スミドキU-40プラス
 市外からの転入で申請時に夫婦のいずれかが満40歳未満の世帯等
・新築で50万円、市内業者での新築の場合+30万円、多世代同居等+20万円、小学生までの子1人(3人上限)×10万円加算、東京圏からの転入+60万円、住居誘導区域内+10万円ほか



 各種補助制度についての詳しい内容を知りたい方はお気軽に弊社までお問合せ下さい。
コロナウイルス感染症拡大防止のため、弊社では来社していただいたお客様にはできる限りの対応をさせていただいておりますが、ご自宅からも相談可能なオンラインWEB相談も行っています。操作はとても 簡単で、パソコンだけでなくタブレットやスマホにも対応しております。詳しくは、弊社HP等でご確認ください。

 それでは、また来月お会いしましょう。
㈱建築工房わたなべ 代表取締役 渡邉泰敏



 すまいと生活の情報新聞(月刊) 『心ほっこり』 は、建築の豆知識や季節の話、料理のレシピなど気軽に読める内容になっています。皆様のご意見も参考に住宅に関する疑問や質問も大募集したいと思っております。
資料請求ページにて申し込んでいただければお届けいたしますので、お気軽にお申し込みください。


TOP一つ前へ戻るトップメニューへ

お問合せ、ご意見、ご感想、ご質問がございましたらメールをお寄せください。    master@kentiku-koubou.co.jp

心がほっこりする やさしい家を建て、長いお付き合いをさせていただくことがわが社のモットーです。
  株式会社 建築工房わたなべ

Copyright © 2001Architect Atelier WATANABE Co.,Ltd.All Rights Reserved