建築工房わたなべHP TOPページへ


  楽しくて、自由で、かしこい家づくり
お問合せ・資料請求
+ ご案内地図
+ リンク集


トップページ

  トップページ > わたなべの家づくり > お客様の声 > 富士宮市万野原新田「ゆったり快適に暮らす平屋」> 外観・内観写真

(長寿命型)
 


= 前 編 =
平成29年4月にお引渡しをさせていただいた、富士宮市万野原新田のY様邸を紹介いたします。家族それぞれがプライバシーを確保しつつ皆が集うパブリックスペースを大切に考えた「ゆったり快適な暮らし」をテーマに設計された平屋建てのエコ住宅です。


片流れ屋根を組み合わせた、東西に長い平屋建てです。 屋根と外壁は、デザイン性・メンテナンス性・耐震性を考慮して、 ガルバリュ-ムでシンプルに仕上げました。




 富士宮市万野原新田
Y様邸

家族構成:親夫婦、若夫婦




リビング・ダイニングは続きの和室を併せて二十二帖の広さがあります。桧無垢フロアが温もりのある家族スペースを演出します。

建築工房わたなべを選んでくださったのは?

 当初は住宅雑誌を色々見て勉強していました。各社の展示場も見て回ったりしましたが、マイホ-ムセンタ-は何か怖くて行かなかったです(笑)各社のホ-ムページを見たりして、資料請求を3~4社位はしました。重要だったのは「耐震性」。特に構造面でコンクリ-ト系も考えたりしていたのですが、両親が木造を好んでいたのでそちらの方向でも検討しました。そして予算面も含めて最終的に木造をチョイスしました。
建築工房わたなべさんのホームペ-ジから、SE構法の耐震性を調べている内に、「あっ♪そういえばあのゴリラの建物は見た事あるぞ!」と思い興味をもち検討し始めました。でも最終的には耐震等級3であれば、富士ひのきを使った在来工法で良いと判断しましたが(^_^)/  


家づくりのきっかけを教えてください。

私達が結婚したのが2011年の春でした。 初めの2~3年はアパ-ト暮らしをして、そのうち両親と同居しようかな?位に思っていました。そんな中で起こったのが「東日本大震災」と「静岡県東部地震」です。実家は昭和時代の2階家でしたので、かなりの揺れを経験しました。両親の住む母屋は、もっとすごい恐怖を感じたそうです。富士宮市内での震度6強を体験してから、この古い家では建て替えなければ同居なんて無理だな・・と思いました。 いつかは決めていませんでしたが、この地震をきっかけに家づくり計画を進めようと考えました。




         (施工例より)
リビングの勾配天井上部にハイサイド窓を設けて、通風を助けます。

リビングの一部にブリックタイルを貼りアクセントにしています。

 
間取りのこだわりを教えてください。

 プライバシ-を確保する意味で、各人の個室が必ず欲しいと考えていました。廊下はバリアフリ-的にも狭っ苦しいのは嫌だったので広くしてもらい、居間は人が集まる事を想定して大きめのダイニングテ-ブルやソファ-が置けて、ゆっくりとくつろげる空間にしたかったのです。 二家族が同居する事になるので、収納はとにかく多く欲しいと思っていました。母親の希望は、対面キッチンではなくて東側の庭木を見ながら調理したいという事でした。
洗面所もこだわった部分です。カウンタ-式の2ボウルで、2人同時に洗面を使える事。実際に朝の忙しい時に皆の動線がスム-ズに流れここで「おはよう~」と挨拶しながらコミュニケ-ションがとれます。あえて親と分けなかったことがかえって良かったと思います。 天窓もつけて明るさを確保できました。夜たまに満月が天窓から見えたりする事もあるんですよ♪

ホテルのパウダ-ル-ムをイメ-ジしたカウンタ-式2ボウルの広々とした洗面スペ-スです。
     
玄関ホ-ルは広くて明るく設計されています。隣接する和室から内障子を通してやわらなか光が入ってきます。
   
 

 
(「心ほっこり」平成30年2月号) 



= 後 編 =

玄関は断熱片引き戸を採用しました。 気候の良い日には、網戸にして解放 しています。

 
  (施工例より)


建物北側には多目的スペ-スとして テラス屋根を設置しました。
家庭菜園を楽しむのにはとても必要 な場所です。


住んでみての感想をお聞かせください。

【奥様】
 とても快適に暮らせています!(^^)!♪特に私の実家は夏暑くて冬寒くて・・・そんな環境で育ったので、比較してみると雲泥の差です。
気に入っているところは、木をふんだんに使ったことです。新築は化学的な臭いがするイメ-ジがあったのですが、建てて暮らしてみて木の香りと爽快感があり毎日森林浴をしているような感じがします。ダイニングの壁に貼ったレンガは好評で、来客者がみんな褒めてくれるんですよ♪夫婦でここにこだわって良かったと思っています。
2世帯で暮らしている割に光熱費がかかっていないのです。二人暮らしの時と殆ど変らずびっくりです。

【お母様】
 間取り的に回遊できるのは、本当に良かったです。裏通りを回れるのは来客時など特に良いです。以前と比べて広々しているので、家に人を呼びやすく、みんなもすぐ集まってくれます。桧の床は素足で歩くと本当に気持ち良くて、夏になると来客者にスリッパを出しても、気が付くとみんな素足で歩きまわっているんですよ(笑) 静電気も起きにくいらしく、ゴミがすっと取れるのも助かります。
引っ越した後に、相続の件とか玄関引戸のトラブルとかあったのですが、対応が素早くて、しっかりやってくれるので助かります。 家族間では、何かあれば「庄司さん」に連絡!とみんなで話しています。
 



  (施工例より)


リビングとキッチンとの間仕切り壁の一部にレンガ調のブリックタイルを貼りました。
夫婦でこだわった場所でもあります。


(施工例より)
親夫婦寝室近くのトイレは車椅子対応で2帖分のスペ-スがあります。
(施工例より)
浴室はクラフトバブルスパを採用したリラクゼ-ションスペ-スです。

毎日、工事の状況を見てくださっていたお父様の言葉。

基礎工事の時は、鉄筋量が多くてびっくりしましたし、地盤改良もして、よりがっしりしたと思いました。建てている時に見ていて、柱が多いのにびっくりしました。筋交いはあまり使っていなかったが、構造パネルでしっかりと止めてあるので安心しました。とにかくずっと見ていて「こりゃ地震に強いな!」と納得しましたよ。

 Y様とはとても良い関係を持続させていただいていると思います。ご親戚をご紹介していただい たり・・・そして何よりも訪問するといつも皆様が笑顔で迎えてくださり、嬉しい限りです。
ダイニングの壁には建築工房わたなべのカレンダ-を掛けてくださってあり、それに家族の予定を書き込みとても有効に使っていただいています。私が訪問した日には、「10:00庄司さん」と書かれてありました。お父様が、完成後ゆっくり時間をかけて庭を造っています。
家庭菜園も含めて「趣味的に進めているからいいんだよ、のんびりで。家族も手伝ってくれるしね。」と笑ってらっしゃいました。 家に愛着を持ち、ゆったり暮らしているY様、とても素敵な住まい方だと思いました。
営業部 庄司利明


   
(「心ほっこり」平成30年7月号)  




 ~関連ページ&ブログ~
  外観・内観写真   施工中現場 
  見学会情報
   ◆2017年3/4・5構造見学会 




※他の施工例もご覧ください
施工例「SE構法」  click↓
住宅別 Photo Gallery
施工例「長期優良住宅」

◆お問い合わせはこちらまで・・・お気軽にご相談ください。    
 ㈱建築工房わたなべ 本社
  
Tel (0545)51-2612 ・FAX (0545)51-2632  mail


TOP一つ前へ戻るトップメニューへ

お問合せ、ご意見、ご感想、ご質問がございましたらメールをお寄せください。    master@kentiku-koubou.co.jp

心がほっこりする やさしい家を建て、長いお付き合いをさせていただくことがわが社のモットーです  株式会社 建築工房わたなべ

Copyright © 2001Architect Atelier WATANABE Co.,Ltd.All Rights Reserved