<HY邸 内観写真>

「SE構法」ページへ
曲線と直線が融合する事により建物に動きが生まれる。
その動きをより感じられる様、アールの端部の納まりにはより工夫をこらした。
施主との打ち合わせを綿密に繰り返し、細部にまでつくり込まれた密度の高い建物となった。
市街地に建つ"アール"を随所に取り入れた都市型二世帯住宅。丸窓から光が差し込む勾配天井のリビング、
開放的なルーフバルコニーなど、住む人のこだわりを感じさせる建物です。
   

                     
         リビング






   
 ダイニングキッチン


和室
  
廊下  

    
 バスルーム
一つ前へ戻る / トップメニューへ