本文へスキップ

 富士市の工務店 ㈱建築工房わたなべの、楽しくて、自由で、かしこい家づくり

家づくりQ&ADESCRIPTION based on LAW

Q.1 「耐震等級」とは何ですか?
A.1 住宅の地震に対する強さの基準は、建築基準法によって定められています。
また、良質な住宅を取得するためにつくられた「住宅の品質確保促進法」では、耐震性能を判断する目安として3段階の「耐震等級」が定められました。

※建築基準法では、「極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震力」が定められており、性能表示制度ではこれに耐えられるものを「等級1」としています。
 
・耐震等級1:阪神・淡路大震災相当の地震でも倒壊しない程度
 
・耐震等級2:阪神・淡路大震災相当の1.25倍の力の地震でも倒壊しない程度
 
・耐震等級3:阪神・淡路大震災相当の1.5倍の力の地震でも倒壊しない程度

 
弊社では、基礎を含めて構造計算を行い、全ての住宅を「耐震等級3」で施工しています。

 京都大学 生存圏研究所教授 五十田 博氏監修の「熊本地震を教訓に。耐震等級3のススメ」のあとがきで、熊本地震では、2000年以降に建設されたと思われる住宅のうち、倒壊したものが7棟、大破し、全壊となったものが12棟あった。全壊だけなら2000年基準が想定している範囲内だが、倒壊が出たことは重く受け止めなければならない。
 そもそも、施主は建築基準法(2000年基準)を守っていても大破するリスクがあるとは思っていいないだろう。
 住宅被害が大きかった益城町で、軽微な被害で済んでいる住宅を調べたところ、耐震等級3に相当するような耐震性の建物が複数あった。そのなかには、クロスのひび割れ程度の被害ですんだものもある。耐震等級3レベルなら、安全性が格段に高まることを示す貴重な実例だ。このレベルの安全性を満たした住宅が、もっと増えることが期待される。と結んでいます。

詳細は一般社団法人くまもと型住宅生産者連合会のHPよりダウンロードして下さい。
「熊本地震を教訓に。耐震等級3のススメ」
http://kumamoto-fukkou.or.jp/

Q.2 工事中の建物検査やチェックはどのように行っていますか?
A.2 弊社では、工事の工程ごとに各業者によるチェックシートを活用し、大工工事・電気工事・水道工事など規定通りに施工されてるか、確認しながら工事を進めております。
チェックシート
施工業者がまず漏れがないかチェックして、現場監督は施工がしっかりされているか確認していきます。また、木工事完了時と建物が完成した時点で社内検査を実施し、厳しい目で検査し、不具合のある場合は直ちに修正していきます。もちろん建築確認申請における中間検査と完了検査を実施していますし、さらに第三者機関による現場検査を行い検査報告書を提出いたします。最終的には「お客様立会い検査」により、納得していただいた建物をお引渡ししています。
このように、何重にもチェックを繰り返し施工していきますので「オンリーワンの家」を安心して注文していただけます。


Q.3 「坪単価」はいくら?とよく聞きますが、どういうことですか?
A.3 坪単価とは、昔から使われている建築業界特有の概算方法で、ある建物を建てるのにかかった費用を、延べ床面積で割って算出した数字です。延べ床面積とは建築基準法で定められた各階の床面積を合算したもので、一般的にデッキやベランダ・ロフト・吹抜け部分などは含みません。ただし、ハウスメーカーによっては、それらの面積も含めて施工面積で割り、算出して坪単価を表示しているところもあるようですので注意が必要です。
また、建物の金額は間取りや屋根形状・吹抜け・ベランダ・ロフトの有無によっても違いますし、どんな仕様かによっても内容は変わってきますので、一概に「坪単価はいくら」と表現できるものではありません。
実際には具体的にどのような建物を建てたら総額いくらかかるかを判断基準としたほうが良いでしょう。


Q.4 住まいの建て替えを考えています。
今まで家が建っていた土地に建てるので、特に地盤調査は必要ないですか?
A.4 地盤調査は必要です。
今まで家が建っていたというだけでは、安全な地盤であるという根拠にはなりません。
弊社では、全てのお客様の敷地を地盤調査し、安全を確認してから建築させていただいています。
地盤の強度によって適した改良工事を行い、地盤保証(10年更新)を行わせていただきます。
住宅の保証についてのトラブルの約2割が地盤に起因するものだと言われています。しっかりと地盤調査をし、保証をしてくれる住宅会社を選んでください。

地盤調査

※詳しくはこちらから→「地盤保証の必要性」(ジャパンホームシールド株式会社)


Q.5 家を建てた後のアフターケアはどのようになっているのですか?
 弊社では、建物引渡し後 1ヶ月・6ヶ月・1年・2年のアフターサービス定期点検を実施しています。
引渡し時にお渡しするアフターサービス基準に基づき点検させて頂いております。
また、定期点検時以外で不具合が生じた場合も、早急な対応を心がけておりますので、ご安心下さい。


Q.6 SE構法では構造用集成材を使うと聞きましたが、シックハウスの原因にならないか心配です。
SE構法 集成材
A.6 SE構法で使用する集成材に使われている接着剤は2種類あります。一つは、水性高分子イソシアネート系接着剤で、ホルムアルデヒドを全く含んでおりません。もう一つは、レゾルシノール樹脂接着剤ですが、こちらは接着性能向上のため微量のホルムアルデヒドを含んでおりますが、2003年7月より実施となりましたシックハウス法(改正建築基準法)に区分されておりますホルムアルデヒド放散量基準が一番少ない『F☆☆☆☆』(Fのフォースター)という等級区分にそった材料です。
シックハウスの心配はしなくて大丈夫です。


Q.7 柱や梁に集成材を使った場合、将来的に接着部分が剥れてしまう事はありませんか?
A.7 構造用集成材に使用される接着剤は、接着性・耐久性・耐火性に優れたものが研究開発され続けています。
例えば、自衛隊の掃海艇は木造船で、構造用集成材によって製造されていますが、長年使用した掃海艇を解体してその接着性能を検証してみたところ、接着部での強度低下は全く認められませんでした。
使用環境によって多少異なりますが、柱や梁に使う構造用集成材の接着部分は長い年月が経っても全くと言って良い程剥れる事はありません。

Q.8 「外張り断熱」の方が断熱性がいいのですか?
A.8 断熱の方法には、柱(壁)との間に断熱材を入れる「充填式」と、柱(壁)の外側に断熱材を設ける「外張り断熱」があります。どちらの方が優れているという事はありませんが、「充填式」の場合、柱と柱の間に断熱材を入れるので、外側に張る「外張り断熱」よりも隙間が出来やすくなります。木造の在来工法の場合「筋かい」(柱と柱の間に斜めに入れる材料)があり、より施工が困難になります。このような理由から「外張り断熱」の方が性能が良いと判断されがちですが、「充填式」でも隙間の無いしっかりした施工がされれば、断熱性が劣ることはありません。

Q.9 静岡県は温暖な地域なので高気密・高断熱の家にする必要はないと思うのですが・・・
A.9 静岡県にお住まいでも、冬は暖房をし、夏は冷房をすると思います。建物の断熱性を上げるということは、冷暖房の効率を上げることになり、省エネになり、CO₂の削減にもなるのです。一般家庭の消費エネルギーのうち約1/4が冷暖房によるものです。これを見直したいものです。
また、現在の新築住宅では、全て24時間換気が行われていますが、建物が隙間だらけだと、この換気が計画通りに行えません。そして、室内の水蒸気が壁に入り結露を起こす原因にもなります。やはり、気密性も重要ですね。


Q.10 「次世代省エネ基準」てどういうものですか?
A.10 住宅の断熱性能の基準「省エネルギー基準」は昭和54年の「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)に基づき、昭和55年に最初に告示されました。その後、平成4年、平成11年と2回にわたり、基準が引き上げられ、現在の「次世代省エネ基準」となりました。

名  称 性能表示基準
昭和55年
告示
旧省エネ基準  等級2
平成 4年
告示
新省エネ基準  等級3
平成11年
告示
次世代
  省エネ基準
 等級4

 この基準では、全国を6つの地域に分け、地域ごとにQ値(熱損失係数)の基準を設定しています。
「次世代省エネ基準」には強制力はありませんが、基準を満たすと「フラット35S」(最長35年の長期固定金利住宅ローン)の利用がしやすくなったり、もちろん冷暖房の効率もよくなるのです。
建築工房わたなべでは、この「次世代省エネ基準」を標準施工としています。