建築工房わたなべHP TOPページへ


  楽しくて、自由で、かしこい家づくり
+ ご案内地図
+ リンク集


トップページ

  トップページ > 心ほっこり > 『心ほっこり』より 「『ハザ-ドマップ』ってご存知ですか?」

 
『ハザ-ドマップ』ってご存知ですか?



 7月の大雨では西日本地域を中心に洪水・土砂崩れ等で大きな被害が発生しました。 今回は、私たちの住んでいる地域では大きな被害はありませんでしたが、今後台風もやって来るシーズンですし、十分注意が必要です。また、思い返せば東日本大震災では津波で甚大な被害が出ています。そんな自然災害から身を守るために、起こりうるリスクを事前に知っ ておくために、「ハザードマップ」についてご案内いたします。
                                  営業部:石川 定


 「ハザードマップ」とは、一般的に「自然災害による被害の軽減や防災対策に使用する目的で、被災想定区域や避難場所・避難経路などの防災関係施設の位置などを表示した地図」とされています。 防災マップ、被害予測図、被害想定図、アボイド(回避)マップ、リスクマップなどと呼ばれているものもあります。
 私も洪水で自宅にどの程度の影響が出るか心配になり、富士市のホームページから「潤井川洪水ハザードマップ」をダウンロードして見てみました。下図の色が変わっているところが浸水想定エリアです。
原図はカラーで色分けされていて、0.5m未満・0.5~1.0m・1.0~1.5m・1.5~2.0mに区分けされています。ちなみに我が家は0.5m未満のエリアでしたので、悪くて床下浸水かと思われます。

富士市HP「浸水想定区域図」洪水ハザードマップより
 富士市ではこの「潤井川洪水ハザードマップ」以外にも、市内東部エリアを流れる河川によるものや、富士川によるものがあります。これらには浸水想定だけでなく土砂災害の危険エリアも載っています。更に、洪水版だけでなく、「津波」「火山(富士山)」もありますので是非見てみて下さい。
ハザードマップは富士市だけでなく他の市町村も作成されていますので、お住まいの市町村のホームページ等ご覧ください。また、国土交通省のハザードマップポータルサイト https://disaportal.gsi.go.jp/ では全国版が ありますので、ご興味がある方はこちらもご覧ください。

TOP一つ前へ戻るトップメニューへ

お問合せ、ご意見、ご感想、ご質問がございましたらメールをお寄せください。    master@kentiku-koubou.co.jp

心がほっこりする やさしい家を建て、長いお付き合いをさせていただくことがわが社のモットーです  株式会社 建築工房わたなべ

Copyright © 2001Architect Atelier WATANABE Co.,Ltd.All Rights Reserved